吉田勇也(HARTi代表)ってどんな人?フォーブスも認めるアートビジネス戦略に注目!

みなさん、吉田勇也さんをご存知でしょうか?

あの Forbes (フォーブス)から、次世代を担う高い才能の一人として認められた人材になります。

そんな吉田勇也さんが、2021年3月17日放送のテレビ番組『25歳〜情熱の起点』に出演することになりました。

株式会社HARTiの代表でもある吉田さんは、アートビジネスで新しい戦略に挑戦しているようです。

注目されている吉田さんの戦略、気になりますね!

今回は、吉田勇也さんについて調べてみました!

吉田勇也(HARTi代表)ってどんな人?

引用元:吉田勇也さん Twitter

吉田勇也のプロフィール

  • 名前:吉田勇也(よしだゆうや)
  • 生年月日:1995年6月1日
  • 出身地:広島県
  • 出身校:中央大学法学部
  • 職業:株式会社HARTi 代表取締役

現在、アートビジネス業界で活躍される吉田勇也さんですが、そこに至った経緯とはどんなものだったのでしょうか?

出身校である中央大学法学部を選んだ理由は、地元である広島の高齢化、人口の衰退問題について取り組むためだったそうです。

そして、いずれは弁護士か政治家になろうと思っていたそうです。

その後、フランス語のオンライン塾の経営や、世界40ヶ国をバックパッカーとして巡り、3ヶ国語を習得。

留学先のイギリスの大学では、アートマーケティングを専攻

こちらは、ロンドン留学時のツイートになります。

引用元:吉田勇也さん Twitter

写真もアート目線なセンスを感じます!

外国でのパフォーマンス活動、原宿での書道バーの経営など、アートが身近な存在だったと言います。

吉田さんは、アートの素晴らしさをこのようにツイートしています。

引用元:吉田勇也さん Twitter

実際に訪れて、アートに直接触れた吉田さんだから言える言葉だと思います!

2018年には、「イノベーション創出」を学ぶ東京大学i.schoolに通年生として参加

また、京都大学技術イノベーション事業化コース準優勝を経験します。

株式会社HARTiの創業

吉田さんは、日本のアートに対する関心の薄さを感じていました。

また、日本のアートマーケットに可能性があるにもかかわらず、ビジネスモデルの構造的な課題があることも問題だと考えました。

そして、2019年、アートに込められた感性中心の新しい経済圏を作るべく、株式会社HARTiを創業します!

引用元:吉田勇也さん Twitter

実は、このHARTiという会社、経済界でかなりの注目度がありました。

わずか創業5ヶ月で、東洋経済「すごいベンチャー100」に、もっとも若い会社として選出されています。

そして、2020年には、あのForbes(フォーブス)の「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」にも選ばれました!

この賞、かなり名誉あるものなんです!

30 UNDER 30とは、各界で活躍する30歳未満のイノベーターを表彰する、Forbes US発祥のアワード。ビジネス、アート、テクノロジー、教育、メディア、音楽、サイエンス、スポーツ、フード、社会起業家など多様なカテゴリーから、次世代を担う若者を毎年選出する。

2011年からスタートしたこの試みは、Forbesの名物企画となり、アジア、ヨーロッパ、アフリカなどリージョナル版も派生している。その日本版として2018年に誕生したのが、30 UNDER 30 JAPAN。

引用元:Forbes JAPAN

アートビジネスで活躍する、吉田さんへの注目度が分かりますよね!

吉田さんは、「アート」をもっと身近で、敷居の低いものにしたいと考えているようです。

誰もが普段の生活の中でも楽しめる、日常的なものとなるように。

吉田さんは、こんなツイートもしていました。

引用元:吉田勇也さん Twitter

世界各国で触れたアートの魅力、吉田さんは、少しでも多くの方にこの素晴らしさを知ってほしいと思っているのです。

フォーブスも認めるアートビジネス戦略に注目!

「アートへの感動を可視化する実験展」の開催

今、アーティストになりたい人は、減っているそうです。

現在のアート業界には、明確な夢の大舞台がないため、成功への道筋が描けないのが理由だと言います。

少子化となっているとは言え、現に東京芸術大学への志望者数も減少しているそうです。

しかし、吉田さんは、そんな現状を変えなければと奮起します。

引用元:吉田勇也さんTwitter

そして、2019年10月、「アートへの感動を可視化する実験展」を開催。

次世代を担う、4名のアーティストの作品が展示されました。

引用元:PR TIMES

この企画、新しい角度でアートを楽しむ内容でした。

それは、アートを鑑賞した人が、その感動に対して価格を自由に定めて、連携している決済サービス「PayPay」を使って送金するというもの。

吉田さんは、この取り組みで新しい成果があったことを動画で話しています。

※5分30秒から始まります。

路上パフォーマンスをしている大道芸人に、投げ銭でもするような面白い発想ですよね!

これにより、アーティストは、今までにない新しいお客様との出会いがあったと言います。

書道家の吉田双雲との契約

みなさん、書道家の武田双雲さんをご存知ですか?

メディアでもよく取り上げられている、かなり有名な方になります。

実は、吉田さんの「HARTi」と契約をしているそうです!

引用元:吉田勇也さん Twitter

アーティストを、様々な方法で発信している吉田さん。

武田双雲さんとの契約からも、そのマーケティング力への高い信頼度がうかがえます!

チェロ奏者への支援

また、吉田さんのアートの範囲は、美術面だけに限られませんでした。

引用元:HARTi Twitter

世界的に有名なチェロ奏者への支援もしているのです!

この方、実は音楽だけでなく、以前は弁護士としても活躍していたマルチな才能の持ち主!

今回の支援について、吉田さんはこう話しています。

今回のBenjamin氏への支援をさせていただくことにより、日本や世界が今後目指すべき「サステナブル・ライフスタイル」とはどのようなものか、考えるきっかけを世の中に提供し、サステナブル、ウェルビーイングな経済圏の創造を一緒に目指していきたいと考えています。

引用元:PR TIMES

吉田さんの考えるアートは、多岐にわたっていて予測がつきませんね。

今後どんな分野を発信してくのかとても楽しみです!

まとめ

今回は、株式会社HARTi代表、吉田勇也さんについて調べてみました。

創業して間もない会社にもかかわらず、多くのメディアから注目されるあたりは、吉田さんへの期待度が感じられました!

また、私たちが考える絵画などのアートだけではなく、書道、音楽など多岐にわたる活動にも驚かされましたね!

今後の吉田さんの活躍が楽しみです。

最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!